2018年11月14日 更新

【六本木】焼き鳥と発酵料理に合わせて、自然派ワインや日本酒を味わう 「焼き鳥とワイン 源 MOTO」が六本木に2018年11月15日(木)オープン!

【六本木】焼き鳥と発酵料理に合わせて、自然派ワインや日本酒を味わう 「焼き鳥とワイン 源 MOTO」が六本木に2018年11月15日(木)オープン!
2018年11月15日(木)、六本木に「焼き鳥とワイン 源」がオープン!全国各地から厳選した地鶏や銘柄鶏を仕入れ、それぞれの部位や特徴を活かした様々な味わいの焼き鳥。随所に発酵技術をちりばめたお料理と、カラダに優しい自然派ワインや日本各地から選りすぐられた日本酒が楽しめるお店♪

icon【 焼き鳥とワイン 源 】

2016年11月に池袋でスタートした「串揚げとワイン 源」の串焼き業態として「焼き鳥とワイン 源」という新しい源ブランドが六本木に誕生!
カラダの源(みなもと)となる大事な食事。「源 MOTO」は、素材、旬、郷土料理などの日本の食文化を、今の時代に合わせて気軽に楽しめるよう美味しく再構築。カラダを巡るドリンクにもこだわり、優しく美味しいできるだけ自然派なものをとり揃えることで、お料理とワインを味わう源ブランドができあがりました!

icon【 こだわりの焼き鳥と発酵料理 】

【 焼き鳥 】280円~(税別) 

【 発酵惣菜 】
6つの味覚を象徴する味付けの惣菜は焼き鳥のアクセントに。

【 南瓜のマッシュ アーモンド&シナモン 】780円(税別)  
アーモンドとシナモンの香りが南瓜の甘味を引き立てます♪

焼き鳥は「部位の違いを楽しむ」ことを軸に、京都「京紅地鶏」や愛知「錦爽どり」など、全国各地の個性あふれる地鶏や銘柄鷄より厳選。また、発酵のエッセンスをサイドメニューやタレにも加えることで、より広がりのある世界観を表現。
コースの「おきまり(5,500円 税別)」は地鶏のスープからはじまり、焼き鳥や野菜串と共に味わう前菜、締めのお食事、甘味が楽しめます。ストップオーダー制の「おまかせ(1串280円~ 税別)」では、ストップとお声がけまでその日イチオシの焼き鳥や野菜串を提供。
「おきまり」や「おまかせ」の合間に、お好きなものをアラカルトのメニューから追加するのもオススメ!
また、先付けとしてメニューのはじまりにお出しする発酵惣菜にも注目♪
独特の酸味や塩味、辛味といったフレーバーを、串と合わせて少しずつ楽しめます。

※メニューは一例です。予告なく変更・終了する場合がございます。

icon【厳選された自然派ワインセレクション 】

【 自然派ワイン 】グラス800円~(税別) 
世界各地から厳選したカラダに優しい自然派ワインを多数ご用意。

「焼き鳥とワイン 源」では、源ブランドのさらなる発展のためにスペシャルパートナーとタッグ。日本を代表するワインテイスターでありソムリエの大越基裕氏と、世界的評価も高い都内のフレンチレストランで立ち上げからスーシェフを務めた内藤千博氏による「Ăn Đi」チームが商品開発に参加。焼き鳥という日本の食文化をリスペクトしながら、より深くより高い次元へと導きます!
大越氏監修の自然派ワインセレクションは、是非2~3種楽しみたいところ。日本酒やクラフトビールのほか、焼き鳥の塩やタレの味を引き立たせるサワー、調味料を加えて作るオリジナルドリンクなども♪

icon【 店舗情報 】

目の前で焼き上がる焼き鳥をのぞむカウンター席はおひとり様でも楽しめる特等席。ゆったりとくつろげるテーブル席は接待や大事なシーンにもおすすめ。毎日のお仕事帰りからスペシャルな記念日まで、様々なシチュエーションで利用できるお店です♪
■ 店舗名   焼き鳥とワイン 源 MOTO
■ 住所    東京都港区六本木3丁目8-7 茂海ビル1F
■Tel     03-3475-6333
■ 営業時間  17:00-23:00 (22:30 L.O.)
        定休日 日曜日
■ 席数    カウンター 9席 テーブル 14席 (個室あり)
15 件

この記事のキュレーター

詳細を見る
Otsumamiトピックス
Otsumamiトピックス

関連する記事

詳細を見る
【池袋】アットホームに焼き鳥~大人数でリーズナブルな宴会を開くならここで決まり!『鶏豚きっちん 池袋東口店』
【池袋】アットホームに焼き鳥~大人数でリーズナブルな宴会を開くならここで決まり!『鶏豚きっちん 池袋東口店』
詳細を見る
【六本木】心躍るホリデーシーズンを彩る!華やかな冬の新作ドリンクメニュー ~ グランド ハイアット 東京 2018 Holiday ~
【六本木】心躍るホリデーシーズンを彩る!華やかな冬の新作ドリンクメニュー ~ グランド ハイアット 東京 2018 Holiday ~

この記事のキーワード