2018年11月16日 更新

【渋谷】盛り付けも美しい本格和食で上品にお酒をたしなむ!落ち着いた居酒屋~ 『旬彩鮮味うのさと』

【渋谷】盛り付けも美しい本格和食で上品にお酒をたしなむ!落ち着いた居酒屋~ 『旬彩鮮味うのさと』
本格的な和食を堪能できる上品な居酒屋『旬彩鮮味うのさと』に潜入調査してきました~!(取材日2016年9月1日)
渋谷駅のハチ公口から徒歩7分くらいの場所にある、本格和食を楽しめる居酒屋 『旬彩鮮味うのさと』に潜入調査してきたのでレポートしていきます。

『旬彩鮮味うのさと』は美味しい和食を食べることができ、雰囲気もとても上品なので「本格的」「上品」といったキーワードで飲みたい日にぴったりです。

icon外観から本格的!店内もおしゃれ

お店の外観からして「本格的」かつ「上品」です。
外観

外観

テーブルコーディネートはシンプルです。
テーブルコーディネート

テーブルコーディネート

icon料理もお酒も豊富!メニューはこちら

『旬彩鮮味うのさと』はメニューがたくさんあります。

ついつい迷ってしまいそう!
ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

地酒(日本酒)もたくさん。なかなか面白いお酒があります!
ドリンクメニュー2

ドリンクメニュー2

ドリンクメニュー3

ドリンクメニュー3

ドリンクメニュー4

ドリンクメニュー4

ワインもたくさんあります!
ドリンクメニュー5

ドリンクメニュー5

続いては料理のメニューです。
料理メニュー

料理メニュー

料理には1つ1つこだわりが見えます。
料理メニュー2

料理メニュー2

icon「愛宕の松」と「黒生ビール」で乾杯!

まずはお酒から。

宮城県の日本酒「愛宕の松」(あたごのまつ)を注文。一緒に行った相手は「黒生ビール」(キリンスタウト)を注文しました。
「愛宕の松」700円 「黒生ビール」550円

「愛宕の松」700円 「黒生ビール」550円

「愛宕の松」は最初フワーッと柑橘を思わせる香りがあり、そのまま果実味に変わります。
そしてその直後にキリッとしてすっと消える・・・こんな感じです。
香りも味わいもすっきり感もバランスが良く、おそらく女性は好きな方が多い日本酒です。

ちなみに、こんなに可愛いラベルが付いています!
「愛宕の松」700円

「愛宕の松」700円

ちなみに後半戦は秋田県の日本酒「亜麻猫」です。
「亜麻猫」850円

「亜麻猫」850円

通常日本酒は黄麹という麹菌を使いますが「亜麻猫」では、焼酎に使う白麹を使用しているという特徴があります。
白麹は酸味を生み出すクエン酸を多く出すとかで酸味の強いお酒になります。

今回、「亜麻猫」を初めて飲んでみて抱いた感想は、味は酸味がしっかりあるというもの。キリッとした味わいの中にある柑橘感がたまりません。
とにかく爽やかな印象が強い日本酒です。

しかし、その陰でひっそりと米の甘さも感じられて、旨味がほんのりと漂ってくる・・・素晴らしい日本酒です。

iconお通しは、がんもと練りものの煮込みとバイ貝!

お通しは、がんもと練りものの煮込みとバイ貝です。

冷えていてなかなか美味しいです。
京風のあっさりとした味付け。旨みがあって味も染みています。

これだけでもずっと食べていられます!
お通し

お通し

icon盛り付けも美しい本格和食~食べたもの

まずは「みず菜と帆立貝柱のサラダ 胡麻ドレッシング」から注文してみました。

実はこちらは、他のお客さんたちもみんな頼んでいた人気のサラダなのです。食べてみて納得。とても美味しいです!

水菜のシャキシャキ感も良くて、のりの風味やパプリカの甘さもちょうどいいです。
特製のドレッシングも美味しくて、全てが絶妙なバランスです。
「みず菜と帆立貝柱のサラダ 胡麻ドレッシング」800円

「みず菜と帆立貝柱のサラダ 胡麻ドレッシング」800円

続いては「活〆縞アジお造り」です。

アジの中の最高級魚と言われているのが縞アジ!コリコリ感とアジの旨みのどちらも兼ね備えているのが特徴です!

ほどよく脂ものっていて旨みと甘みの両方感じられました。

そして、何といっても・・・!日本酒によく合います。
「活〆縞アジお造り」900円

「活〆縞アジお造り」900円

続いては「新じゅん菜と鱧の土佐酢ジュレ」です。

盛り付けも美しいこちらの一品。じゅん菜もちゅるっとしていていい感じです。ちなみに、赤いのはオクラ。最近は生で食べられるオクラをたまに見かけます。

気になる味は・・・非常に美味しい。土佐酢ジュレのさっぱり感も相性が良く、美味しいという感想に尽きます!これはぜひ一度試して欲しいです。
「新じゅん菜と鱧の土佐酢ジュレ」

「新じゅん菜と鱧の土佐酢ジュレ」

続いて「総州古白鶏もも肉の天然塩焼き」です。柚子胡椒かわさびを付けて食べます。

ちなみに、総州古白鶏というのは茨城県や千葉県で生産されている地鶏らしいです。

食べてみると鶏の旨味がしっかりと感じられました、ジューシー!
個人的には柚子胡椒をつけて食べるのが好みです。鶏の旨味を引き立てるイメージです。
「総州古白鶏もも肉の天然塩焼き」

「総州古白鶏もも肉の天然塩焼き」

icon『旬彩鮮味うのさと』は上品で美味しいメニューが豊富

『旬彩鮮味うのさと』はお店の雰囲気も料理の盛り付けも上品です。店員さんもとても丁寧に接してくれます。

料理も日本酒もメニューが豊富なので、来店時はメニュー選びでも楽しむことができます。
「試してみたい」と感じるメニューが色々あるので、何度でも通いたくなります!

旬を意識したメニューも多く『旬彩鮮味うのさと』で季節感を感じられのも素敵です!
料理もお酒も美味しいので、宴会利用もしてみたい。ちなみに、人気店なので宴会シーズンは特に早めの予約がベストです!

icon『旬彩鮮味うのさと』店舗情報

【店舗名】『旬彩鮮味うのさと』
【住所】東京都渋谷区宇田川町36-11
【電話番号】03-3496-2087
【営業時間】
月~金17:30~23:30
土・日・祝17:00~23:30
【定休日】日曜
43 件

この記事のキュレーター

詳細を見る
Otsumami潜入取材班
Otsumami潜入取材班

関連する記事

詳細を見る
【渋谷】ネギ!ネギ!ネギ推し!ネギ料理の美味しさに惚れ惚れ~隠れ家居酒屋『葱や平吉 渋谷宇田川町店』
【渋谷】ネギ!ネギ!ネギ推し!ネギ料理の美味しさに惚れ惚れ~隠れ家居酒屋『葱や平吉 渋谷宇田川町店』
詳細を見る
【渋谷】ガヤガヤした雰囲気が居心地の良さを生み出す!カジュアルなワインバー 『東京ワイン倶楽部 楽』
【渋谷】ガヤガヤした雰囲気が居心地の良さを生み出す!カジュアルなワインバー 『東京ワイン倶楽部 楽』
詳細を見る
【新宿】ぐーたら人間は、海老で鯛を釣ろう!ラクして、楽しい人生は、本当にあった!『釣船茶屋 ざうお』Vol.8
【新宿】ぐーたら人間は、海老で鯛を釣ろう!ラクして、楽しい人生は、本当にあった!『釣船茶屋 ざうお』Vol.8

この記事のキーワード