2018年10月04日 更新

【桜木町】懐かしの「アレ」で飲む酒は・・・? 古き良き、そして面白き居酒屋『酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店』

【桜木町】懐かしの「アレ」で飲む酒は・・・? 古き良き、そして面白き居酒屋『酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店』
東にいい店があれば、行ってうまい料理を食らい
西に楽しい店があれば、行って酒飲み店員と語り・・・
そんな我々Otsumami潜入班が今回向かったのは横浜・桜木町。
『酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店』、そこは古き良き居酒屋の雰囲気を持ちつつ、「インスタ映え」するメニューも備えたニュータイプの居酒屋だった!
(取材日2018年9月20日)
今回、Otsumami潜入班が向かったのは、横浜・桜木町。
ここに、若者の間で人気の居酒屋があるということで、早速向かってみました。
お店の名前は『酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店』。
呑んで食ってカエル・・・まさに、居酒屋、って感じですね。

酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店

  • 最寄り駅:JR桜木町駅 徒歩5分 京急日ノ出町駅 徒歩5分 日ノ出町駅から267m
  • 住所:神奈川県横浜市中区宮川町3-71
  • 電話番号:045-315-5541
  • 休業日:年中無休
  • 営業時間:16:00〜24:00(L.O 23:00)  土/日 15:00〜24:00(L.O 23:00)

icon場所は桜木町駅から徒歩5分

お店はJR・地下鉄の桜木町駅から徒歩5分のところにあります。
南口を出て、国道218号線をてくてく歩いて行くと、右手にお店がありますよ。
京急本線日の出駅からも同じくらいで着きます。

iconお店は16時から営業開始

お店は普通の居酒屋さんよりちょっぴり早い、16時から営業スタート。
オープン直後に行ったんですけど、すでに女性2人組がお酒を飲んでいました。

席はテーブル席やカウンター席があって、キッチンはオープンスタイルとなっています。
木材を基調とした店内が古き良き居酒屋の雰囲気をかもし出していますね。
「超炭酸ハイボール」 290円(税抜)

「超炭酸ハイボール」 290円(税抜)

最初の一杯はハイボールを・・・と思ってメニューを見たら、普通のものではなく、「超炭酸ハイボール」。
運ばれてみたものを早速一口飲んでみると、刺激全開、爽快感抜群!
シュワッとした口当たりとほんのり香るウイスキーの味で、すっきりの呑むことができます。

icon安くてうまいフードの数々!

ハイボールを飲んで一息ついたところで、頼んでいたお料理が登場。
今回はお店のおすすめを一通り頼んでみました。
「自家製ポテトサラダ」 390円(税抜)

「自家製ポテトサラダ」 390円(税抜)

ポテトサラダの上に乗っているのは、ジャガイモの千切りをフライドしたもの。
ポテトチップスを細かくした感じ、と言えば伝わるでしょうか。
ポテトオンポテト、当然ながら相性はバッチリです!
ポテトサラダ自体のおいしさに加え、中に入ったベーコンも味や食べ応えを引き立ててくれています。
「肉豆腐」 190円(税抜)

「肉豆腐」 190円(税抜)

「肉豆腐」、これはOtsumami潜入班激推し!
お肉の味のしみた豆腐に辛子をつけて食べると、濃厚さと辛さのパラダイスが!
そしてお肉はプリプリで、口の中でとろける〜。
190円という値段も魅力!
1人1皿、いや2皿頼みたいメニューです!
「鳥王の黒」 590円(税抜)

「鳥王の黒」 590円(税抜)

「鳥王の黒」は鶏肉をカレー風味でグリル焼きしたメニュー。
お肉は丸ごと1枚で出てくるので、ハサミで切り分けていただきます。
肉厚ながらハサミでは簡単に切れますよ。

カレー風味の鶏肉を食べると、ついついご飯がほしくなっちゃいますね。

icon懐かしい? お祭り系メニュー!

「たません」 290円(税抜)

「たません」 290円(税抜)

店員さんがすっと出してくださったのは、「たません」。
玉子とハムを炒めたものを、えびせんで挟んだものです。
縁日の屋台で食べられるようなメニューですね。
サクサクとしたえびせんを歯で突き破ると、こしょうの効いた玉子・ハムの味わいが!
熱々のうちに、ガブッとかぶりついてください!
「箸巻き」 290円(税抜)

「箸巻き」 290円(税抜)

おすすめということで頼んでみたものの、なんだか分からなかったメニュー。
答えは、箸に巻いたお好み焼きでした。
鉄板に乗って、ジュージューと音を立てて登場!
さすがにそのままかぶりつくのは熱そうだったんで、取り分けて食べました。
ソースとマヨ、青のり、そして生地やキャベツ・・・安心できる味のお好み焼きを、一風変わったスタイルでいただけます。
「のすけソース焼きそば」 390円(税抜)

「のすけソース焼きそば」 390円(税抜)

目の前の鉄板でガッと炒めて出してくださったのが、「のすけソース焼きそば」。
トッピングがいろいろある中で、辛いもの好きの潜入班は「激辛①」をチョイスしました。

焼きそばは太麺で食べ応えがあって、とってもおいしい。
ただ、1辛でも相当辛いです!
店員さんが言うには「1辛と『麺増し』くらいでちょうどいいと思いますよ」とのことでした。

ちなみに、トッピングには「麺マシマシ」「チーズ」「目玉焼き」などの他、辛さは「激辛②」「激辛③」さらには「即死」なるものまで・・・。
ご注文は自己責任で!

icon辛いものを食べた後は、甘い物で中和を

「黒ごまアイス」 190円(税抜)

「黒ごまアイス」 190円(税抜)

焼きそば完食後、舌がびりびり・・・。
そんな舌を癒す意味で注文したのが「黒ごまアイス」。

ゴマの味がしっかりと出つつ、スイーツとしてちょうどいい甘さ。
食べ終わった頃には、舌も元通りになっていました。
辛いものを食べていなくても、締めにはちょうどよさそうです。

icon懐かしの「アレ」で酒を飲む・・・?

ところで、飲み物を頼む際、すごく気になっていたものがあったんです。
メニューの下にある「ケロリン」。
そして、お店にある、見覚えのある桶・・・。
なんとこちらのお店では、銭湯などでおなじみの「ケロリン」桶でお酒を飲めるんです!
桶の場合は、ここからひしゃくを使って直飲みするのだとか。

見た目のインパクト、そしてたくさんのお酒をリーズナブルに飲めることから、若者の間で人気が爆発!
SNSなんかでもバズったそうで、今では本当に多くの方が注文するようになったそうです。

ちなみに「ケロリン」はネット通販で買ったそうですが、SNSの話題を見つけたメーカーの方からお店にコンタクトがあったのだとか。
今後、コラボレーションなんかもあるかもしれませんね!

icon個性豊かな店員さんたち!

食事を終えたのは17時すぎとかなり早い時間だったのですが、平日のこの時間にもかかわらず、お店はすでに多くのお客さんで賑わっていました。
しかも、若い女性が多い!
店員さんは「僕目当てが過半数ですかね〜」ですって。
そんなふうに、お話を聞いても気さくに話してくださるので、居心地も抜群でした。
割烹着姿のお姉さんも、とってもキュートですね!

icon古き良き、面白き居酒屋

そんなお店には、活気が満ちあふれていました!
初めてのお客さんには、店員さんが声を揃えて「はじめまして〜!!」
そして常連さんらしき方には、それぞれの店員さんがフランクにお話をしていました。
そんな楽しい雰囲気が、このお店の魅力だと思います。

「おいしいより面白いと言われた方がうれしいですね〜」
いえいえ、おいしい上に面白いですよ!

古き良き、そして面白き、これから注目の居酒屋さんです!

icon『酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店』の店舗情報

酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店

  • 最寄り駅:JR桜木町駅 徒歩5分 京急日ノ出町駅 徒歩5分 日ノ出町駅から267m
  • 住所:神奈川県横浜市中区宮川町3-71
  • 電話番号:045-315-5541
  • 休業日:年中無休
  • 営業時間:16:00〜24:00(L.O 23:00)  土/日 15:00〜24:00(L.O 23:00)
53 件

この記事のキュレーター

詳細を見る
Otsumami潜入取材班
Otsumami潜入取材班

関連する記事

この記事のキーワード