2017年10月31日 更新

【特報】ナポリタン大盛り無料券をゲット!10月10日、年に一度の「パンチョの日」を『スパゲティーのパンチョ』全店にて開催決定!!

【特報】ナポリタン大盛り無料券をゲット!10月10日、年に一度の「パンチョの日」を『スパゲティーのパンチョ』全店にて開催決定!!
「ナポリタン」で有名なスパゲッティ専門店『スパゲッティーのパンチョ』。 普通盛りから大盛りまでが同じ値段だったり、総重量2kg超えの激盛りメニューがあったりと、お腹いっぱいスパゲッティーを食べたい方に人気のお店です。 その『パンチョ』が、年に一度、「パンチョの日」と題して「スパゲッティー無料券」を配布しているのはご存知でしょうか? 今年(2017年)は10月10日に開催される「パンチョの日」に注目! いざ、出陣!

icon行列必至のパンチョの日!みんな最寄りのパンチョに集合!

毎年話題を巻き起こし、昨年は長蛇の行列ができた「パンチョの日」。
2017年は10月10日(火)に開催されます。
10月10日(火)全店舗の『スパゲッティーのパンチョ』で「パンチョの日」を開催。
日頃の感謝を込め、当日お食事をしたお客様全員に次回以降使用できる【ナポリタンorミートソース無料券】をプレゼント!

《10月10日はパンチョの日・概要》
期間:10月10日営業時間中
内容:
・お食事されたお客様全員に「ナポリタンorミートソース」の次回無料券プレゼント
・各店先着200名様にオリジナルハンドスピナー」プレゼント
・Instagramに"#パンチョ愛"で投稿すると「オリジナルポロシャツ」を抽選でプレゼント

スパゲッティーのパンチョ 公式HP

icon「改めてナポリタンを美味いと言わせたい!」昔ながらのスパゲッティーを味わう

こちらのスパゲッティーは忙しい方でもすぐに食べられるように、という思いで始まったそう。
毎朝お店で仕込むソースと敢えて前日から茹で置きした極太のオリジナル麺の絡み具合が絶妙で、学生さんやサラリーマンの方の胃袋を掴んで離さない人気店になっています。

『スパゲティーのパンチョ』のスパゲティーは、麺の量を「小盛(300g)」「並盛(400g)」「大盛り(600g)」については全て同じ価格で提供されています。

『スパゲティーのパンチョ』のスパゲティーは、麺の量を「小盛(300g)」「並盛(400g)」「大盛り(600g)」については全て同じ価格で提供されています。

ノーマルの「ナポリタン」と「ミートソース」は、690円。
写真の「目玉焼き」をトッピングすると、740円となります。

さらにトッピングも充実。
ハンバーグやベーコンのほか、目玉焼きなどのトッピングをご用意。

写真は「ナポリタン全部乗せ(1,240円)」
たっぷりのナポリタンの上に、「チーズ」「ハンバーグ」「厚切りベーコン」「目玉焼き」の4種が乗ったボリューム満点メニュー。

ニンニクと塩でシンプルにまとめたところにふわっと火が入った卵が絡む「白ナポ」(790円)。
こちらも小盛から大盛りまで、同じ値段となっています。
更に、大盛りをクリアできた人のみが挑戦できるという激盛りメニューも。
最大のものは、2.3kgにもなるのだとか。

icon「パンチョの日」といえばなんと言ってもコレ!

料理の注文で「ナポリタン一皿無料券」がもらえます。
(本物の無料券は「通し番号」が入ります。)

icon昨年はこんなに行列!なので、今年は並んでもお得な企画が・・・。

写真は、『スパゲティーのパンチョ 吉祥寺店』
お店の外にまでケチャップの甘酸っぱい香りが漂っています。
流石パンチョの日。行列できてます。
お店の外まで、びっしりお客さんが並んでいました。

icon【特別企画1】各店先着200名に、オリジナルハンドスピナー贈呈!

見よ!この圧倒的にクレイジーなハンドスピナーを!ナポリタンとの関連性を全く見せていないプレゼントが、またダサくてファンには生唾物の一品だ!

via www.youtube.com

【公式デモ】「スパゲッティーのパンチョ」オリジナルハンドスピナー

icon【特別企画2】インスタグラムで、「#パンチョ愛」とハッシュタグ付きで投稿した方の中から抽選で、「パンチョ特製ポロシャツ」プレゼント!

普段、『スパゲッティーのパンチョ』各店舗のスタッフが着用している「パンチョ特製ポロシャツ」をもらえるチャンスだ!(贈呈用は新品です。)

「#パンチョ愛」詳細はこちら

iconこれは、もはや行くしかない!10月10日は年に一度のパンチョの日♪

年に一度しか開催されない「パンチョの日」
今回を逃すと次は2018年・・・。
この機会を逃さす最寄りの『スパゲッティーのパンチョ』に足を運びましょう!

スパゲッティーのパンチョ 公式HP

24 件

この記事のキュレーター

詳細を見る
Otsumami潜入取材班
Otsumami潜入取材班